地主の学校

〜新しい民主社会「みんなで地主」の実現を目指して〜

松村拓也 (まつむらたくや)

誰もが「土地の主」として地域で「国づくり」をおこなう
新たな民主社会のための教科書。

空き家問題を主眼に据え、地主教育の問題意識に貫かれた、地主再生の先に新しい民主社会の実現までもが見定められている画期的な論考。「一部のエリート」たちが経済を支配することで世界を支配しようとしているならば、「誰もがなれるエリート」として「地主」を再生し、新しい民主主義「みんなで地主」を構築すべく、「地主」について学ぶ教科書的な作品。

定価:1,540円 (本体 1,400円)

判型:四六並

ページ数:280

発刊日:2022/02/01

ISBN:978-4-286-23339-0

ジャンル:教育・実用・語学 > 実用 > 実用

著者プロフィール

1957年東京生まれ、麻布学園、東京大学工学部建築学科卒。
1985年、父の創業した辰建設(株)に入社、1996年代表取締役就任、1999年に同社が倒産し、仕掛かり工事を継続しながら(株)辰を設立後、倒産及び再生の経験を請われ、多数の起業・再生に従事。
2005年、廃校活用PJT・IID世田谷ものづくり学校の校長就任を機に、世田谷区で社会と会社を結ぶ様々な事業を創出。
2006年、(株)なのに設立で家族を法人化し、起業支援活動を本格化。
2012年、一般社団法人日本土地資源協会を設立し、不動産の永続経営=国づくり活動を推進中。

※この情報は、2022年2月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP