北の国から

「言わなきゃわかんないでしょ、もう〜」

独好自然 (どっこうしぜん)

知床の夕日を目指して旅立つホステラーの恋と
冒険の青春時代を改めて実感する物語。

1968年、新幹線開通に伴い利用者が増加した東京駅の待ち合わせ場所として誕生した「銀の鈴」は、1969年に鈴の音が流れるスピーカー付きの二代目になった。当時は青少年向けの安全で安価な宿泊場所のユースホステル全盛の旅行ブームで、その利用者ホステラーとして特に若者たちは横長リュックを背負うカニ族と呼ばれる姿で日本全国を旅した。その青春の恋と冒険を振り返った物語。

定価:660円 (本体 600円)

判型:A6並

ページ数:188

発刊日:2022/05/01

ISBN:978-4-286-23613-1

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 恋愛

著者プロフィール

昭和22年3月2日、兵庫県生まれ。
香川県・愛媛県・京都府育ち。
昭和45年3月、立命館大学理工学部数学物理学科卒業。
システムエンジニアとして35年間勤める。
兵庫県在住。

■著書
『カニ族の青春』(文芸社、2020年)

※この情報は、2022年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP