士・黙示録

─政宗が南蛮の天際へ放った、中世の〈はやぶさ〉─

山田道幸 (やまだみちゆき)

全てを失った彼らに“復活”はあるのか。
時代に〈黙殺〉された伊達・遣欧使節の不運!

慶長十八(一六一三)年九月、伊達政宗は支倉常長に密命を下し、宣教師ソテロとともに秘かに使節を奥南蛮(ヨーロッパ)へと送り出す。伊達の黒船〈サン・ファン・バウチスタ号〉は太平洋の嵐を乗り越え、見事ヌエバ・イスパニア(メキシコ)に到着。施設はローマ教皇との謁見にも成功したのだが……。全てを失った彼らに“復活”はあるのか。時代に〈黙殺〉された伊達・遣欧使節の不運!

定価:3,300円 (本体 3,000円)

判型:四六並

ページ数:604

発刊日:2022/05/15

ISBN:978-4-286-23690-2

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

著者プロフィール

一九三四年(昭和九年)台湾生まれ。
防衛大学を経て、日本歯科大学卒業。
日本文芸家協会会員。
日本ペンクラブ会員。

■主な著書
『戦争を考える旅』(永田書房)
『ギゴリオの島』(新人物往来社)
『海底の黄金』(講談社)

※この情報は、2022年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP