【文庫】 画狂老人卍

葛飾北斎の数奇なる日乗

白蔵盈太 (しろくらえいた)

偏屈で非常識だが愛がある。
江戸の大絵師葛飾北斎の凡人を悩ませる破天荒な日常を描く。

江戸の大絵師、葛飾北斎は絵への探求心が人一倍。偏屈で一般常識なんぞ持ち合わせてはいない天才は、弟子の常次郎をいつも困らせている。猫を探せ、鼠を捕まえろなど、無理難題の毎日だ。しかし「絵が好き」という共通点があるからこそ、師匠はぶっきらぼうでも弟子の成長を見守り、弟子も怒りながらも尊敬の眼差しを送る。そんな愛あるおかしな日常を、軽妙な筆致で生き生きと描く。

定価:726円 (本体 660円)

判型:A6並

ページ数:280

発刊日:2022/04/15

ISBN:978-4-286-23701-5

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

著者プロフィール

1978年埼玉県生まれの一男一女の父。
メーカー勤務のかたわら、2015年頃から本格的に小説を書き始める。
2019年、Nirone名義で執筆した小説「わたしのイクメンブログ」が漫画化(全3巻・完結)。
2020年『松の廊下でつかまえて』で第3回歴史文芸賞最優秀賞を受賞(『あの日、松の廊下で』に改題し文庫化)。

■著書
『あの日、松の廊下で』(文芸社)
『討ち入りたくない内蔵助』(文芸社)

※この情報は、2022年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP