京ものがたり

雪舞いの日

山縣紀子 (やまがたのりこ)

また来よう。やっぱり京都なのだから──
京都歩きの魅力を伝える25編の紀行エッセイ。

桜の頃の石塀小路、新緑の合間に藤の花の眠たげな色が美しい春の北山路、貴船神社の夏越大祓式、祇園祭が終わった翌朝の若者、大文字送り火を見ながら母を思い出す、晩秋の鞍馬路、嵯峨野の雪景色、愛宕神社の千日詣りほか、京都歩きの魅力を伝えるショート25編。著者が関西在住当時、『月刊京都』誌上に掲載された作品に未発表作を加えてまとめた。色彩豊かで、京都愛に満ちている。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六上

ページ数:88

発刊日:2022/06/15

ISBN:978-4-286-23767-1

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > その他

著者プロフィール

1940年東京で生まれる。
主婦。
現在、神奈川県茅ケ崎市在住。

※この情報は、2022年6月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP