暁の航跡

杠源十 (ゆずりはげんじゅう)

海軍大臣でありながら“軍縮”へと舵を切った、
第21代内閣総理大臣加藤友三郎の評伝。

1921年(大正10年)、海軍大臣加藤友三郎は首席全権としてワシントン軍縮会議に向かった。「ロシアのバルチック艦隊を潰滅させた連合艦隊参謀長自らが海軍軍縮案に賛同する発言に、各国全権、海軍軍人、新聞記者を始め満場の人々は深い感慨と大きな僥倖に満たされ、惜しみない賛辞を贈ったのである」(本文より)。海相でありながら“軍縮”を行った友三郎が見ていた国の未来とは。

定価:1,320円 (本体 1,200円)

判型:四六上

ページ数:140

発刊日:2024/02/03

ISBN:978-4-286-24980-3

ジャンル:伝記・半生記 > 伝記

著者プロフィール

1945(昭和20)年、広島市生まれ
信州大学工学部卒業後、建設会社勤務
現在、建設会社顧問
広島市在住

※この情報は、2024年2月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

上記は文芸社の書籍を取り扱う主な書店の一例です。
いずれの作品も全国の各書店実店舗にてご注文いただけるほか、ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP