弾丸列車

平之内泰子 (ひらのうちやすこ)

戦火をくぐり、冷酷な人間たちの間を生き抜いてきた著者の
全力疾走の人生が綴られる。

まさに弾丸列車のごとく、ひたすら全力で生き抜いてきた著者86年の人生。幼少の頃に空襲で焼き出され、避難した中国をやっとのことで引き揚げ、さまざまな人に騙され、それでも強い意思で立ち向かっていった。幼い子どもを守るために、自分の存在意義を確かめるために、前へ前へ。この人生とは何だったのかという自問自答の果てにたどり着いた、後世に伝えたい数々のメッセージ。

定価:1,650円 (本体 1,500円)

判型:四六並

ページ数:252

発刊日:2024/07/15

ISBN:978-4-286-25431-9

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

昭和13年1月七草生まれ。
激動の戦中は横浜大空襲に遭遇し、戦火の中を単身赴任の父が中国・北京より迎えに来て大陸へ渡るも、昭和20年8月15日に終戦を大陸で迎えたあとは、数多の苦難の果てにやっと最後の引き揚げ者名簿に載り、祖国日本へ!

※この情報は、2024年7月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

上記は文芸社の書籍を取り扱う主な書店の一例です。
いずれの作品も全国の各書店実店舗にてご注文いただけるほか、ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP