読谷便り

暮らしの中の想いと憩い

竹内陽子 (たけうちようこ)

日々の暮らしを大切にする著者の思いが真っすぐに伝わってくる、
心温まるエッセイ第二弾。

「私が子どもの頃、東京では『おじや』と言っていた雑炊を父が時々作っていた。(中略)父はいろいろな食材が混ざることによって、複雑においしくなるのだと言っていた。沖縄の誰でも迎え入れるチャンプルー文化にも通じることがあるかもしれず、私も沖縄文化の端っこに入れてもらっている」(「沖縄文化に通じる」より)。定年を機に沖縄・読谷村に移住した著者による心温まるエッセイ集。

定価:990円 (本体 900円)

判型:四六並

ページ数:92

発刊日:2024/07/15

ISBN:978-4-286-25502-6

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > 投稿集

著者プロフィール

1951年、東京都文京区で生まれる。
新宿区西早稲田で育つ。
東京女子大学短期大学部、早稲田大学文学部卒業。
1973年、東京都荒川区役所、大田区役所で主に身体障がい者福祉、生活保護のケースワーカーとして働く。
2010年、「社会福祉功労者 厚生労働大臣表彰」受賞。
2011年、定年退職後、沖縄県読谷村に移住した。
フィリピン AKAY プロジェクトをともに創る会会員。
水墨画家 趙龍光・里燕氏に師事し、「国際水墨芸術大展」ほか入賞。

■著書
『読谷便り 南ぬ風』(2015年、文芸社)

※この情報は、2024年7月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

上記は文芸社の書籍を取り扱う主な書店の一例です。
いずれの作品も全国の各書店実店舗にてご注文いただけるほか、ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP