第5回草思社・文芸社W出版賞第5回草思社・文芸社W出版賞

豊饒なる森から数々の生気が
昇り立つように、
いくつもの才能がW出版賞から
生まれることを願って――。

草思社と文芸社、カラーの異なる2つの出版社が「これから」の作家を探しています。

《草思社・文芸社W(ダブル)出版賞》は、2016年の文芸社創立20周年を記念して産声をあげた幅広いジャンルの作品を対象とした文芸賞です。『間違いだらけのクルマ選び』や『声に出して読みたい日本語』など、数々のヒットシリーズを生み出してきた歴史をもつ草思社と、『リアル鬼ごっこ』や『心霊探偵八雲』、『B型自分の説明書』など、アマチュア作家からベストセラー作家を輩出してきた文芸社が、同じ文芸社グループの一員同士として手を取り合い“新進気鋭の作家”を発掘するプロジェクトになります。草思社と文芸社が1作品ずつ金賞受賞作を選出。受賞2タイトルは、草思社と文芸社よりそれぞれ全国出版されるほか、受賞者には副賞として賞金30万円が贈られます。

・*・.:*・入賞者発表・*:.・*・

草思社

〜 金賞 〜

草思社より書籍化・出版/副賞として賞金30万円

『パッケージツアーの文化誌──
「コロナ以後」を考えるために』

吉田 春生(愛知県)

文芸社

〜 金賞 〜

文芸社より書籍化・出版/副賞として賞金30万円

『空逢い』

柳永 千哲(埼玉県)

〜 銀賞 〜

文芸社運営のオンライン・ライブラリ「みんなの本町」に全文掲載

『熊楠原論 〜多様性志向の生命学〜』

橋 定孝(東京都)

『堀辰雄のキリスト教 〜二人の多恵子と聖テレジア〜』

長尾 晃(長野県)

PAGE TOP