HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
オンリーワン釣法でめざせ1000匹!
ハゼ釣り名人がおくる、釣りエッセイ。
天狗のハゼ釣り談義

鈴木和明
(すずきかずあき)


書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
270
 発刊日
2008/01/15
 ISBN
978-4-286-04144-5
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
「1000尾釣れる時季でさえあれば、いつでも当たり前のように1000尾を釣れる実力」を会得するために努力してきたハゼ釣り師の著者。ミャク釣りで1000尾、リール釣りで500尾という一日の釣果を達成したのは彼だけだという。その極意と釣り方法に到達するまでが公開された本書には、誰もが自分に合った釣り方を開拓してきわめてほしいという、名人の思いが込められている。既刊書『ぼくらはハゼっ子』『江戸前のハゼ釣り上達法』に続く待望の第3弾。
 著者プロフィール
1941年、千葉県市川市の農家に生まれる。幼年時代から竹ザオを持ってハゼを釣り歩く。サラリーマン時代は会社の釣りクラブ幹事長・会長を務める。
1984年、司法書士・行政書士事務所を開設。
1989年、江戸川のハゼの数釣りに挑戦。7月8日1186尾を釣る。
同年、ワンシーズン13829尾、ミャク釣り509尾/回。
1996年、自己記録 6月23日1959尾、ミャク釣り1002尾/回、1000尾超釣り22回、ワンシーズン40126尾。
1999年、執筆活動を始める。
2003年、自己記録 ミャク釣り1086尾/回、1000尾超釣り15回連続を達成。10月17日リール釣りで自己記録623尾。
2004年、自己記録 11月3日深場の落ちハゼリール釣り447尾。
2005年、自己記録 10月7日リール釣りで739尾、ミャク釣り1030尾/回、1000尾超釣り連続15回を達成。
2007年、11月5日現在、自己記録 1000尾超釣り連続18回を達成、7月26日1709尾、10月10日リール釣りで635尾、リール釣りで500尾超釣り累計11回となる。
以上はhttp://www.s-kazuaki.comで公開中。
南行徳中学校PTA会長を2期務める。新井自治会長を務める。
「週刊つりニュース」ペンクラブ会員。出版コーディネーター。市川博物館友の会会員。新井熊野神社氏子総代。
趣味:読書、釣り、将棋(初段)。

■著書
おばばと一郎』(文芸社刊)
おばばと一郎2』(文芸社刊)
おばばと一郎3』(文芸社刊)
おばばと一郎4』(文芸社刊)
僕らはハゼっ子』(文芸社刊)
行徳郷土史事典』(文芸社刊)
行徳歴史街道』(文芸社刊)
行徳歴史街道2』(文芸社刊)
明解行徳の歴史大事典』(文芸社刊)
江戸前のハゼ釣り上達法』(文芸社刊)
『20人の新鋭作家によるはじめての出版物語』(共著、文芸社刊)


 マスコミ情報
  2016年06月29日  「J:COM市川(デイリーニュース)」に著者が出演しました。
  2015年11月29日  「東日新聞」で紹介されました。
  2015年05月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「勝海舟と密談をした男たち」)」に著者が出演しました。
  2015年02月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「松尾芭蕉が歩いた行徳と鹿島紀行」)」に著者が出演しました。
  2014年12月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「南総里見八犬伝の行徳と浦安」)」に著者が出演しました。

もっと見る
書籍を購入