【文庫】信長の首

加野厚志 (かのあつし)

日本史上最大の英雄である織田信長が討たれた。
その黒幕の驚愕の真実に迫る!

日本史上最大の英雄である織田信長は、本能寺で逆臣明智光秀に討たれた。信長の茶坊主・長谷川宗仁は、その現場に居合わせた。下京区の寄合い衆で、茶の湯や画業だけでなく、町内の葬祭などをこなした宗仁は、信長の下命を受け、朝倉義景、武田勝頼などの死体を獄門にかけた。いわば安土桃山時代の「おくりびと」であった。主殺しの黒幕に迫る、傑作歴史小説!

定価:858円 (本体 780円)

判型:A6並

ページ数:360

発刊日:2014/08/15

増刷情報:2刷

ISBN:978-4-286-15485-5

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > サスペンス

著者プロフィール

1945年、旧満州国大連生まれ。
日本大学文理学部中退。
以後さまざまな職種を変転した。
『天国の番人』で第47回オール讀物新人賞を受賞し、NHK教育テレビ「若い広場」の司会も務めた。
主な著書に、小説『蕭荷』『孫策』『呂布』『黥布』『島津義弘』『本多平八郎忠勝』(以上、PHP文庫)、『龍馬慕情』『龍馬暗殺伝』(以上、集英社文庫)、『幕末暗殺伝―龍馬と総司―』(講談社文庫)の他、『真説 龍馬暗殺―諸説11の謎を解く―』(学研M文庫)など。『幕府検死官 玄庵 血闘』『幕府検死官 玄庵 斬心』『名参謀 黒田官兵衛 戦国最強の交渉人』も好評だ。

※この情報は、2014年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP