HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
宇宙工学者が挑むセカンド・ミステリー。
渡来人による国分寺建立とジンダイジ城の関係。
白鳳仏ミステリー 武蔵国分寺と渡来人
「ジンダイジ城」とは何だったのか?
津田慎一
(つだしんいち)


書籍を購入
 定価
1,430円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
172
 発刊日
2020/09/15
 ISBN
978-4-286-21882-3
 ジャンル
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)
大和朝廷から遙か遠く武蔵国に〈白鳳仏〉はどうやって来たのか。キーワードは“コマ”! 宇宙工学者が挑むセカンド・ミステリー。武蔵の古刹と国宝白鳳仏の謎を解く! 半島から京都山城、そして武蔵へ──渡来人による国分寺建立と「ジンダイジ城」の関係、そして対馬。「南山城から仏像が、南山城→狛氏寺(祇園寺)→武蔵国・国分寺→深大寺と移動してきた」(本文より)
 著者プロフィール
1949年、徳島県生まれ。
東京大学大学院博士課程修了、工学博士(航空宇宙工学専攻)。
メーカーにて宇宙開発に従事後、東海大学工学部教授。
東京都在住。観光ガイド。
関東戦国時代に関する著作、古社・古刹に関する著作を調布市及び横浜市市立図書館にて公開中。

■著書
武蔵戦国記 後北条と扇谷上杉の戦い なぜ「ジンダイジ城」は捨てられたのか』(2019年、文芸社)


※この情報は、2020年9月時点のものです。

書籍を購入