続・自分らしく生ききるために

みんなで広げる地域緩和ケアの輪

渡辺邦彦 (わたなべくにひこ)

自宅で痛みのない最期を迎えるために。
在宅医療と地域緩和ケアのプロがその活動を綴る。

一人でも多くの患者さんが自宅で安心して最期を迎えられるように──。前作『自分らしく生ききるために』から10年。栃木県で今も変わらずに在宅緩和ケアの医師として忙しい日々を送っている著者は、この度、在宅医療と緩和ケアの両方の分野のプロフェッショナルが協力する「地域緩和ケア推進協会」を発足。栃木のモデルを全国に広めるべく、活動をはじめた。

定価:1,320円 (本体 1,200円)

判型:四六上

ページ数:178

発刊日:2020/12/06

ISBN:978-4-286-21905-9

ジャンル:医学・健康・看護・闘病 > 医学・健康 > 医学

著者プロフィール

1959年7月9日生まれ。

<学歴>
1978年、獨協高等学校卒業。
1984年、獨協医科大学卒業。
1990年、獨協医科大学大学院修了(医学博士)。
1991年、日本脳神経外科学会専門医。
2015年、日本緩和医療学会緩和医療専門医。

<職歴>
獨協医科大学脳神経外科臨床講師。
医療法人陽気会在宅ホスピスとちの木所長。

<現在>
在宅ほすぴす所長。
獨協医科大学麻酔科非常勤講師、地域医療学臨床教授。
一般社団法人地域緩和ケア推進協会代表理事。

<研究歴>
国立がんセンター生物学部、スイス・チューリヒ大学、フランス・リヨン国際癌研究機構にて脳腫瘍の研究に従事。
日野原記念ピースハウスホスピス(秦野)、オーストラリア・ニュージーランドで緩和ケア研修。

<受賞>
1997年、日本脳神経外科学会奨励賞受賞。
2016年、Best Doctors in Japan疼痛管理部門選出。

<著書>
『幸せのシッポ』(文芸社、2006年)
『痛みよ、さらば』(文芸社、2007年)
『自分らしく生ききるために』(文芸社、2009年)
『栃木発、「待ったなし!」在宅緩和医療』(文芸社、2010年)

※この情報は、2020年12月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP