陽だまりを求めて

宮本隆彦 (みやもとたかひこ)

自ら自閉症児のための福祉法人を立ち上げ、
三重県に知的障害者施設を設立した奮闘記。

“障害があってもなくても、この世に生まれた生命の尊さに違いはあってはならない”。親は子のことを大切に思う。居場所を求めて、既存の制度にないものを自分たちで創り出す──あまり知られていない、自閉症児の親たちによる施設づくり運動の歴史/回想録:おおすぎ設立の歩みは、必読の書。自閉症児のための福祉法人を立ち上げ、知的障害者施設を設立した奮闘記。

定価:550円 (本体 500円)

判型:A6並

ページ数:96

発刊日:2020/10/15

増刷情報:2刷

ISBN:978-4-286-21996-7

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

【生年月日】昭和18年7月24日(77歳)。
【出身・現住所】三重県松阪市。
【性格】顔に似合わず穏やかで優しいネ、とよく言われる。
【モットー】「おたがいさま」の理念をかかげて、障害のある人たちが自らの能力を活かし笑顔がこぼれる人生を歩むことができるように支援していきたい。
【今までの実績】京都(繊維販売会社)、大垣(繊維会社)、名古屋(薬品会社)、三重県(薬品会社)を経て2006年7月退社し現在無職。自閉症者入所(福祉法人)施設設立運動。
【趣味】歴史研究、講談、読書。
【好きなこと】小学校同窓会会報編集、中学校同窓会会報編集。
【現在の活動状況】発起人会副会長、れんげの里連合保護者会会長、社会福祉法人おおすぎ評議委員、社会福祉法人おおすぎが本年20周年を迎えるための記念誌編集委員。

※この情報は、2020年10月時点のものです。

メディア情報

  • その他

    2020年12月04日

    「れんげ想 11月号」で紹介されました。

  • ラジオ

    2020年11月30日

    「東海ラジオ(らじおガモン倶楽部)」で紹介されました。

  • 新聞

    2020年11月18日

    「読売新聞」で紹介されました。

  • 新聞

    2020年11月12日

    「毎日新聞」で紹介されました。

  • 新聞

    2020年10月10日

    「夕刊三重新聞」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP