眞鯉舞う

五十嵐崇 (いがらしたかし)

孤独な男が頼れるのは己の肉体のみ。
武士が守るべき名誉をテーマに描いた時代小説。

武士が守るべき名誉や面目といったものをテーマにした時代小説。主人公は貧乏武家の次男坊・龍介。立身出世祈願の鯉のぼりは買い与えられず、代わりにその象徴的な「龍」そのものを、親から名としてもらう。龍介は絵を描くことが好きで絵師になろうとしていたが、あることをきっかけに夢を諦め剣の腕を磨くようになる。本来争いを好まない龍介の機微を硬質な筆致で描く。

定価:1,210円 (本体 1,100円)

判型:四六上

ページ数:120

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23274-4

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

著者プロフィール

1937年生まれ。栃木県足利市出身。
高校卒業後、日本出版販売株式会社(取次日販)入社。
文学の素養を学ぶ。
学資を蓄え、同社に勤務しながら、自力で早稲田大学第二文学部仏文科卒業。
同大学卒業後、高校教師、総務省外郭団体、中央卸売市場魚卸会社等を転職する。
同人誌「断絶」同人。
趣味は山歩き。

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP