戊辰戦争をめぐる

柳敏之 (やなぎとしゆき)

明治維新前後に起きた戊辰戦争にまつわる史跡を巡り、
その戦いの経緯を辿る案内書。

戊辰戦争は明治維新前後に起きた戦いである。この戦いを経ることによって、日本は近代統一国家への道を歩み出した。その歴史的重要性もさることながら、この戦争が今も人々を惹きつけるのは、今そこにある身近な場所で、当時の人々が懸命に生き、命を賭して戦った息吹がリアルに感じられるからであろう。本書はその戊辰戦争にまつわる史跡を巡り、その戦いの経緯を辿る案内書。

定価:660円 (本体 600円)

判型:A6並

ページ数:228

発刊日:2022/06/08

ISBN:978-4-286-23721-3

ジャンル:歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)

著者プロフィール

昭和35年7月26日生まれ。
地元の私立愛知学院大学文学部歴史学科入学。
在学中に新選組のサークル“零番隊”に参加。
教員免許中学1級社会・高校2級社会・博物館学芸員の資格取得。
国内各地の史跡巡りを実施。
函館・東北史跡巡りは43年継続中。
著書に『紀行 奥羽戦争』(2000年、文芸社)がある。

※この情報は、2022年6月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP