今は亡き照幸先生と語ります

「しんごの里」

万喜 (まき)

豊かな自然、多くの人とのふれあいを背景に、
しんごの半生をまとめあげた回顧録。

まっすぐで誠実なしんごの半生をまとめ上げた回顧録。若くして一家の大黒柱となったしんごの半生を中心に、筆者家族が地縁・血縁、そして自衛隊といったさまざまな縁や出会いをいかに大切にして生きてきたかという証が縷々と綴られた作品。美しい海辺の小さな村に生まれた筆者が小豆島土庄に根を下ろし、その地の一員として全身全霊を懸けて歩んできた人生が活写された作品です。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:112

発刊日:2022/08/15

ISBN:978-4-286-23739-8

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

香川県観音市伊吹町。
昭和17年11月7日生まれ。
昭和36年3月、香川県立観音寺商業高等学校家庭科卒業。

※この情報は、2022年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP