藍色の物語

やまねひとみ (やまねひとみ)

リアリズムあり、説話からの翻案小説あり。
人生の喜びや哀しみを描く四つの物語。

長らく会わなかった娘を訪ねる機上で雅子は西行の歌について、添乗員と語り合う(「その如月の 春の旅立ち」)、浦島太郎の心情を丹念に追う(「千代松ヶ浜 浦島太郎のおはなし」)、戦友との再会と徳島の自然、そして別れ(「山河のふるさと」)、初老の男が「花ちる里」の言葉そのままの妙子と出会い……(「花の面影 都わすれ」)。多面的でありながら一本筋の通った短篇集。

定価:1,430円 (本体 1,300円)

判型:四六並

ページ数:248

発刊日:2022/08/15

ISBN:978-4-286-23848-7

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1954年生まれ。
徳島県出身、在住。
著書に『神社猫おくじの昔話 ──神社の梅伝説』(文芸社、2019年)がある。

※この情報は、2022年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP