HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
江戸の町への重要な塩の供給地だった行徳の
郷土史を網羅した、多大な価値ある大事典!
行徳郷土史事典

鈴木和明
(すずきかずあき)


書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
352
 発刊日
2003/11/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
4-8355-6327-1
 ジャンル
地理・紀行 > 地理
千葉県市川市の南部に位置する行徳は、芝居社会の隠語で塩のことを「行徳」と呼び慣わしたほど、かつては重要な塩の産地だった。先祖から受け継いだ郷土への愛を抱く著者が、55ページもの長大な歴史絵巻のような行徳史年表をはじめ、地元の歴史や文化、風土を、膨大な資料にあたり、足を使ってまとめあげた大事典!史料価値も高く、地元民はより理解と愛着を深められる一冊。
著者HP
 著者プロフィール
1941年、千葉県市川市に生まれる。南行徳小学校、南行徳中学校を経て東京都立上野高等学校通信制を卒業。1983年、司法書士試験、行政書士試験に合格、翌1984年司法書士事務所を開設。1999年、執筆活動を始める。南行徳中学校PTA会長を二期務める。新井自治会長を務める。「週刊つりニュース」ペンクラブ会員。出版コーディネーター。市川博物館友の会会員。趣味:読書、釣り、将棋初段。著書に『おばばと一郎』『おばばと一郎 2』『おばばと一郎 3』『おばばと一郎 4』『僕らはハゼっ子』(以上文芸社刊)、『20人の新鋭作家によるはじめての出版物語』(共著、文芸社刊)がある。

■公式サイト
http://www.s-kazuaki.com



 マスコミ情報
  2016年12月20日  「東日新聞 第23983号」で紹介されました。
  2016年06月29日  「J:COM市川(デイリーニュース)」に著者が出演しました。
  2015年05月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「勝海舟と密談をした男たち」)」に著者が出演しました。
  2015年02月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「松尾芭蕉が歩いた行徳と鹿島紀行」)」に著者が出演しました。
  2014年12月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「南総里見八犬伝の行徳と浦安」)」に著者が出演しました。

もっと見る
書籍を購入