HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
最高釣果一日1959尾のハゼ釣り名人が
ハゼ釣りファンに贈る、ハゼ釣りの極意!
江戸前のハゼ釣り上達法

鈴木和明
(すずきかずあき)


書籍を購入
 定価
1,404円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
196
 発刊日
2005/05/15
 増刷情報
3刷
 ISBN
4-8355-8975-0
 ジャンル
教育・実用・語学 > 実用 > 趣味・娯楽
江戸川でハゼを釣り続けること16年。100尾釣れれば大漁と言われる時代に「1000尾釣り」を目標とし、累計で26万尾ものハゼをつり上げた、自他ともに認める“ハゼ釣り名人”が、その極意を余すところなく披露する! ハゼ釣りの心構えから、竿の出し方、仕掛けの作り方、ポイントの見つけ方、リール釣りとミャク釣りの違い、また江戸川の具体的なポイントに至るまで、ビギナーから上級者までが「なるほど」とうなるハゼ釣りの奥義を多くのエピソードとともに収録した一冊。
著者HP
 著者プロフィール
1941年、千葉県市川市の農家に生まれる。幼年時代から竹竿を持ってハゼを釣り歩く。サラリーマン時代は会社の釣クラブ幹事長・会長を務める。1984年、司法書士・行政書士事務所を開設。1989年、江戸川のハゼの数釣りに挑戦。7月8日1186尾を釣る。同年、ワンシーズン13829尾、ミャク釣り509尾/回。1996年、自己記録 6月23日1959尾、ミャク釣り1002尾/回、千尾超釣り22回、ワンシーズン40126尾。1999年、執筆活動を始める。2003年、自己記録のミャク釣り1086尾/回、千尾超釣り15回を連続達成。10月17日リール釣りで自己記録623尾。2004年、過去16年間の総尾数261795尾、1日千尾超釣り累計104回となる。以上はhttp://www.s-kazuaki.comで公開中。南行徳中学校PTA会長を2期務める。新井自治会長を務める。「週刊つりニュース」ペンクラブ会員。出版コーディネーター。市川博物館友の会会員。新井熊野神社氏子総代。趣味:読書、釣り、将棋(初段)。

■公式サイト
http://www.s-kazuaki.com



 マスコミ情報
  2017年08月12日  「J:COM市川(市川市広報番組 マイタウンいちかわ)」に著者が出演しました。
  2016年06月29日  「J:COM市川(デイリーニュース)」で紹介されました。
  2015年05月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「勝海舟と密談をした男たち」)」に著者が出演しました。
  2015年04月05日  「京葉タイムス」で紹介されました。
  2015年02月01日  「J:COM市川(いちかわ歴史の扉「松尾芭蕉が歩いた行徳と鹿島紀行」)」に著者が出演しました。

もっと見る
書籍を購入