HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
東日本大震災後に現れたデマや陰謀論、
予言やニセ科学をASIOSが徹底検証する!
検証 大震災の予言・陰謀論 
“震災文化人たち”の情報は正しいか
ASIOS/アンドリュー・ウォールナー
(あしおす/あんどりゅーうぉーるなー)


書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
264
 発刊日
2011/11/30
 ISBN
978-4-286-11677-8
 ジャンル
社会・ビジネス > 社会 > その他
武田邦彦氏や小出裕章氏の情報はどこまで信用していいのか? 人工地震説はどうか? 松原照子氏は大震災を予言したのか? 「玄米や味噌、乳酸菌が放射能除去に有効」は正しいか? その他、ネットで拡散された怪文書、放射能をビジネスにする怪しげな製品や団体など、東日本大震災後に現れたデマや陰謀論、予言やニセ科学を取り上げ、ASIOSと海外報道ウォッチャーが徹底検証する!
特設サイト
 著者プロフィール
●ASIOS(アシオス)
2007年に日本で設立された超常現象などを懐疑的に調査していく団体。
懐疑とは、本当にそれが事実であるのか、注意深く、客観的に立証を求めていく態度のこと。
名称は[Association for Skeptical Investigation of Supernatural(超常現象の懐疑的調査のための会)」の略。
海外の団体とも交流を持ち、英語圏への情報発信も行う。
メンバーは超常現象の話題が好きで、事実や真相に強い興味があり、手間をかけた懐疑的な調査を行える少数の人材によって構成されている。

■著書
『謎解き 超常現象』(彩図社)
『謎解き 超常現象II』(彩図社)
『謎解き 古代文明』(彩図社)
検証 陰謀論はどこまで真実か』(共著、文芸社)など。

■公式サイト
ASIOS−超常現象の懐疑的調査のための会−


●アンドリュー・ウォールナー(Andrew Woolner)
カナダ生まれ。
舞台芸術を学ぶ。
トロントで妻となる日本人女性と出会い2003年に来日し、現在は共に横浜で暮らす。
座長を務める劇団ヨコハマ・シアター・グループは1900年にアマチュアの英語劇団として創立され、以来、ヨコハマの芸術活動の一翼を担ってきた国籍を問わない演劇集団。
震災後の3月、台所の片隅で始めた国際メディアの震災報道を検証する「ジャーナリスト恥の壁〔ウォール・オブ・シャイム〕」(ウォール・オブ・シャイムは殿堂〔ホール・オブ・フェイム〕のもじり)が大きな反響を呼ぶ。
現在、ヨコハマ・シアター・アンサンブルのメンバーと「横浜恥の壁」活動からヒントを得た演劇を準備中。

JPquake - Home of the Wall of Shame and more...
Yokohama Theatre Group
a perfect lover has no memory


 マスコミ情報
  2011年12月14日  「BURUTUS No.723」で紹介されました。
  2011年12月04日  「朝日新聞」で紹介されました。
書籍を購入