HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
自分の目で戦争を見つめ、
お国のためにつくす少国民であることをやめた少女の物語。
「少国民」昭子の戦争

宮田玲子
(みやたれいこ)


書籍を購入
 定価
1,080円 (本体 1,000円)
 判型
四六並
 ページ数
108
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20786-5
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
燃えあがる東京の空を睨みながら、昭子は心に決めていた。1944年11月29日から30日未明にかけての東京初の夜間空襲。この夜を境に、昭子は「お国のためにつくす」「少国民」であることを密かにやめた。戦争とは、出征して戦地で死ぬことになるおとなにつづいて、少国民も爆撃を受けて死ぬということだったのだ。昭子はやっとこのことがわかった。
 著者プロフィール
1935年生まれ。
千葉県出身、在住。
証券会社勤務を経て、公立小中学校教諭として定年まで千葉県内の市町に勤務。

■著書
『絵日記にみる「少国民」昭子』(2005年、草の根出版会)
鎮魂 崩れ去りし家族・失われし故郷に』(科田玲子名義、2015年、文芸社)


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入