HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
夏目漱石『こころ』の不明瞭さを鋭く追及し、
文豪への幻想を一蹴する意欲的論考。
『こころ』の意味は朦朧として

志村太郎
(しむらたろう)


書籍を購入
 定価
770円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
208
 発刊日
2020/11/15
 ISBN
978-4-286-22026-0
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
夏目漱石の『こころ』は、後期三部作の掉尾を飾り、多くの人々に読みつがれてきた名作である。だが、評者は独自の観点で作中の言葉、文章をひとつひとつ取り上げていき、入念に読み解く。さらには『坊っちゃん』『彼岸過迄』など他の漱石作品、また古今東西の作家の作品をも用いるなど、多角的に『こころ』を考察。次々と問題点を浮かび上がらせ、文豪伝説に一石を投じる意欲的論考。
著者HP
 著者プロフィール
ホームページ:「ミットソン
ブログ:「ヒルネボウ
著書:『こころ』の読めない部分(2005年、文芸社)


※この情報は、2020年11月時点のものです。

書籍を購入