HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
自然界が引いた「コロナ」という引き金。
ピンチをチャンスに変える青写真とは。
農哲流 コロナ後の世界再生論
「私」が主人公
森賢三/鴻上純治
(もりけんぞう/こうかみじゅんじ)


書籍を購入
 定価
660円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
152
 発刊日
2021/02/15
 ISBN
978-4-286-22306-3
 ジャンル
自然・科学・工業・学術 > 自然・科学・工業 > 環境問題
自然界ではバランスが崩れると、そのバランスを取り戻そうという力が絶えず働きます。近年多発する異常気象も、地球がバランスを取り戻すための「身震い」でした。しかしまだ本気ではありませんでした。一気に世界中を覆いつくしたコロナの強さに「地球の本気」を感じました。コロナの混乱によって、我々が行き先を見失わないよう、世界再生の青写真を提案します。
 著者プロフィール
●森賢三
1960年、和歌山県に生まれる。
埼玉大学卒業後、(株)インテージに入社。
環境問題や地域経営のコンサルとして活動後退社。
2010年より和歌山県に戻り、みかん農家として今日に至る。
下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議委員(2018〜)。

●鴻上純治
1973年、大阪市鶴見区に生まれる。
幼少より、自然環境や生き物に関わる。
18〜35歳まで会社員、その後会社を設立し、現在に至る。
里山再生事業・農業・共育など地域創生を目的としたプロジェクトを2017年に立ち上げ、20年計画にて現在進行中。


※この情報は、2021年2月時点のものです。

書籍を購入