「桶狭間の戦い」の真実

─今川義元・氏真の終焉の地/その後の今川宗家─

梅垣牧 (うめがきまき)

死んだのは義元の影武者だった!
今川家相伝の掛軸が「桶狭間の戦い」の〈常識〉を覆す!

桶狭間で討たれたのは、実は義元の影武者となっていた山口教継だった! 今川宗家に伝わる二幅の掛け軸を根拠に、「桶狭間の戦い」の〈常識〉を大胆に覆す意欲作。桶狭間で死んだのが織田を裏切り今川に寝返った山口教継だとしたら、今川義元はその時どこにいて、生き延びたその後は、どう生きたのか? その後、嫡男・氏真率いる今川宗家は、どんな運命を辿ったのかを振り返る。

定価:1,210円 (本体 1,100円)

判型:四六並

ページ数:152

発刊日:2021/09/15

ISBN:978-4-286-22961-4

ジャンル:歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)

著者プロフィール

昭和18(1943)年生まれ。
京都府立洛北高校卒業。
日立家庭電器(現 日立家電事業部)京都営業所勤務。
愛知県在住。

※この情報は、2021年9月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP